岡山朝日高校京浜同窓会の皆様

新年明けましておめでとうございます。

長引くコロナ禍の中、皆様方におかれては恙無くお過ごしのことと思います。

さて、昨年もコロナ禍は収まるところを知らず、再開を期した総会・懇親会も対面式による開催を断念しオンラインによるヴァーチャルな開催を余儀なくされました。

このように本同窓会の全ての活動が制約されるという厳しい状況が2年も続いており、その結果オンライン会議が常態化して本来この同窓会が目指す同窓生同士の繋がりが希薄になりつつあることが強く懸念されます。

こうした厳しい状況の中で「いつでもどこでも」会員同士が繋がる同窓会を目指し、事務局、当年幹事の皆様には会報とホームページの一層の充実を含め様々な工夫を凝らし会員間のコミュニケーションの活性化に努めて頂きました。今年はこの努力を更に強化し同窓の仲間同士の繋がりを維持、強化できるよう交流活動の一層の拡充に努めていきたいと思います。

そして、願わくは私が会長としてその任に当たる最後の年となる今年こそコロナ禍が終息に向かいコロナ禍で失われたこれまでの2年間を一気に取り戻せるよう同窓会活動が正常化することを願って止みません。

会員の皆様におかれてもこうした同窓会活動の活性化の流れを途絶えさせることのないよう引き続き倍旧のご理解とご支援、ご協力をお願い申し上げます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

岡山朝日高校京浜同窓会 会長 大前孝雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です